繁盛ラーメン屋開業【新のれん分けプロジェクト】

開業費と売上予測

  • HOME »
  • 開業費と売上予測

ラーメン屋開業資金と売上・利益

月商250万円でも利益87万円。
月商400万円で利益123万円の秘密とは…

新のれん分けプロジェクトでは、売上より利益を重視しています。個人のお店で、必死に月商400万円・500万円を求める必要なんてありません。ひと昔まえのやり方です。今の時代、そのやり方ではもう上手く行きません。

個人ではじめての開業では、

月商200万円を目指します!

これで十分に利益はとれるのです。

その理由は、家賃などの固定費が低いのと、ロイヤリティなど、フランチャイズ本部に支払う費用などが一切発生しないからです。

「月に400万円以上売っているのですが、手元に残るのが40~50万円しかありません…」

先日、相談にこられた某大手FC加盟店さんがこんなことをつぶやいていました。がんばっても本部がすべて吸い上げてしまっているのです。

これは今、コンビニをはじめとして、全フランチャイズ業界で問題になりつつあります。

あなたは、誰のために働きますか?

フランチャイズ本部のため?
違いますよね。

あなた自身、あなたのご家族のために働いてください。

頑張った分の利益は、あなたに残るべきなのです!

shin-shuusi-1shin-shuushi-2shin-shuusi-3

※このシュミレーションの売上や利益を保証するものではありません。

1店舗目の成功。その後は年収1500万円を目指してほしい!

1店舗目の成功の後は、2・3店舗を経営するビジネスオーナーを目指してほしいと考えています。

例えば、1店舗目は小さめの12坪のお店を開業。

自信とスキルが身についた後、2店舗目は25坪ほどのお店を開業し現場を任せてマネージメントに専念する。

複数店を持つことでリスクも分散できますし、当然、年収も上がります。

2・3店舗持つオーナーになれば年収1500万円以上は稼ぐことも可能です。

初期投資額は?

お店は開業してからが本当の勝負。

自分の店だから好きなように作るのが一番ですが、それは儲かってからにしてください!

お店にお金をかけるより居抜き物件を最大限利用して、小予算でお店を作り、一日でも早く初期費用を回収します。

そのために、物件取得費、店舗工事代、設備、備品、宣伝費などで、総額300万円以内」を開業の1つの基準にしています。

”●●万円かかるから仕方ない”ではなく、

”●●万円以内で出店するにはどうしたらいいか?”

という発想で、できるだけ、お金のかからない開業の仕方をご提案しています。

参考資料

新のれん分け

プロジェクト

同業他社A

同業他社B

同業他社c

店舗投資額

約250万円

不動産取得費込み

(15坪)

約1450万円

不動産取得費

(20坪)

約930万円

不動産取得費

(13坪)

約1700万円


不動産取得費


(15坪)

物件

居抜き

新規

居抜

新規

加盟金・のれん代

 

保証金

50万円

 なし

200万円

100万円

150万円

50万円

150万円

100万円

初期投資合計

300万円

1750万円

1130万円

1950万円

ロイヤリティ

ロイヤリティーなし

店舗存続の限り

売上の3%

店舗存続の限り

売上の5%

店舗存続の限り

売上の3%

ラーメン屋,開業,ラーメン店,開業資金,フランチャイズ,居抜き,起業

株式会社メントレプレナージャパン TEL 03-5771-8150 平日 10:00~18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © All Rights Reserved.