ラーメン屋開業や独立ならお任せください。

選べる2つの開業法

  • HOME »
  • 選べる2つの開業法


茨城県水戸市の麺屋荒井は開業して7年。
月340万円の売上、100万円以上の利益を叩き出す地域の人気店です。

その麺屋荒井の「味」と「繁盛ノウハウ」を全てお伝えして
地域の繁盛店を作るのがこの、「豚骨醤油ガツモリラーメンプロジェクト」です。

 

お勧めポイント

1.自由度が高い開業法を採用。

例えば、
店名、価格、味、内装など・・・

麺屋荒井の味やノウハウをベースにして、全てオーナー様が決められます。
つまりあなた独自のオリジナルの店を作ることができます。

もちろん、必要であれば本部よりスープや麺を供給できますので
未経験からでも安心してスタートできます。

 

2.一番安く開業できる。

本部の指定が一切ないのでとにかくお店を安くつくることができます。
(もちろん、開業までのサポートはお任せください。)

小予算で開業したい、自己資金に余裕がない方、初めての出店なので
小さくスタートしたい方にはお勧めです。

 

3.若者からの支持が絶大。

「豚骨醤油ガツモリラーメン」は今では日本全国で若者からの支持が絶大です。
学生をはじめ、20代~40代と比較的飲食にお金を自由に使える世代が多く、
そのお店もリピート率が非常に高いです。

開業以来、月400万円以上の売上,120万円以上の利益ををあげているタンメン専門店「富士タンメン」。
その「味、ノウハウ、店名」を伝授するのが「東京タンメンプロジェクト」です。

醤油豚骨ガツ盛りラーメンプロジェクトと違い、
味や価格、ロゴなどは統一する形の一般的なフランチャイズに近い方法です。

 

お勧めポイント

1.市町村や駅名を入れた店名命名権。

味やメニュー、ロゴなどを統一するチェーン店方式にもかかわらず
市町村名や駅名を入れたオリジナルの店名をつけることができます。

例えば、私たちの1号店は静岡県富士市にあるので
「富士タンメン」です。

地域名を入れることで、地元感を演出できるだけでなく
地域外からのお客さまの興味をひくことができ売上アップにつながります。

 

2.若者以外もはまる健康ラーメン。

厚生労働省が推奨する「1日350gのたっぷり野菜」と
「コラーゲンたっぷりの濃厚鶏白湯スープ」

東京タンメンは「油っぽい」、「カラダに悪そう」というラーメンのイメージを覆した
新しいラーメンです。

60代以上の方、女性同士でも来店頂けるので、
若者以外のお客さまも取り込むことが可能です。

 

3.ブームに乗って先行者利益を手にできる。

ラーメンには時代のブームがあります。
つけ麺、家系、二郎系、まぜそばなど…過去様々なラーメンブームが
ありました。

そして近年、タンメンブームと言われています。
その証拠に東京中心にタンメン専門店が増えています。

ラーメン店はブーム初期に出店すると競合が少ないうちに集客できるので
地域1番店となって繁盛する確率が高いと言われています。

 

4.定番商品なのでブームで終わらない。

ブームでありながら、タンメンは昭和から小さな中華料理店でも
必ずあるといっていいほど親しみがある定番商品です。

ですから一過性のブームで終わることなく長く安定した収益をあげることができます。

 

2つのプロジェクトの違い

 

 

ラーメン,開業,ラーメン店,開業資金,フランチャイズ,独立

 

日本メントレプレナー協会 TEL 03-5953-8207 平日 9:00~17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP